思い込みの外し方A1

rise-1789903_640

昼間だったから

ヘッドライトなんか点けなくても見通しはよかったのです。
「帰り=夜」と思い込みませんでしたか?
「疲れてくる頃=夜」とか。

さらに、

元々ヒロシさんはスピード狂で、この日はふだんでは考えられないノロノロ運転をして帰ったから

「ふだんでは考えられないスピード」→速いと思い込みませんでしたか?

ちょっと意地悪でしたが、ヒロシさんに威勢のいい言い方をさせ、ノロノロ運転にあなたの意識が向かないようにしました。

勝手な思い込みですよね。

「◯◯だから」そんなことはあるはずがない。

というとき、「◯◯だから、どうだろう?」と一生懸命に考えはしても、なぜか「◯◯だから」の部分を疑わないんですよね。
前提部分の真偽に関してはほとんど気にしないのです。

今回の例でいえば、

「夜は暗いから」→「ヘッドライトなしで猛スピードで走行することはできない」

こういう思考ははたらいても、

夜だという前提が正しいかどうか

に意識がいかないんですね。

AだからBだの真偽を考えても、Aであることの真偽を考えない

ということです。

【まとめ】

「なぜなんだろう?」と思ったら、自分が当然そうだと思っていることを疑ってみましょう。