原因と結果の法則一覧

一喜一憂するのがよくない本当の理由

まず、一喜一憂とは、 ある物事の情況が変化するたびに、それにつれて喜んだり心配したりすること ということですが、これがよいことなのか悪いことなのかは意外とハッキ...

「母さんの手伝いをして皿洗ったよ」などといってしまう息子のために

先日、何の気なしにエゴサーチをしてみました。 サイトタイトルではなく、「ほしの 幸せ」というワードで。 「ヒデキ、感激!!」みたいですね。 度重なる脳梗塞に...

人生が楽しくなる考え方

時間は未来から過去へ流れている 未来が過去を決める などと聞くと、興味を引かれますよね。 これは、ほとんどの人が時間は「過去→現在→未来」という向きに流れ...

自分とはあなたの思考が創り出した幻影です

過去は過ぎ去った今である 過去とは過ぎ去った今であり、未来はこれから訪れる今である。 結局、 過去も未来もなく、あるのは今だけなのです。 ...

「仕方がないから仕事に行くか」という人が気づいていない本当に仕方がないもの

仕方ないからやるか あなたがそう判断したとしたら、その瞬間自分がしたくてしていることになります。 「いや、したくなんかない! イヤイヤするんだ」と...

「今しか存在しない」のではなく本当は今が存在しない

今は一つだけど過去や未来はたくさんある 今が存在するかどうかを考えるには、過去と未来それぞれを正しくとらえておく必要があります。 よく、「この瞬間...

ためらいが無意味であることの証明

洋画って完結編と謳っておきながら、続編が作られることが多いですよね? そのマネをするわけではありませんが、今回は三部作の続編4作目ということになります。 洋...

過去というものが本当は何かを知ることでどう生きればよいのかがわかる

ータイムトラベルなんかいらない その3ー いよいよ今回が完結編です。 「過去ってなんですか?」に対して、あなたは何と答えますか? 過ぎてしま...

嫌な過去ほど愛おしい

ータイムトラベルなんかいらない その2ー その2ということは、その1から読まないとわかりづらいということです。 思い出すのもイヤな過去がすっかり消え...

過去は変えられる

ータイムトラベルなんかいらない その1ー それにしても大胆な発言をしてしまいましたが、まあいいでしょう。 そのとおりなので。 まず、大前提として、過去の...