究極の願望実現法

person-868332_640

願望実現の秘密

ほとんどすべての人にいえることですが、このオーダーの仕方がわかっていません。
オーダーすればいいだけなのに、願ってしまうわけです。

あなたは今、レストランにいます。
メニューを見てあれこれ思案していると、ウェイターがオーダーを取りに来ました。

ウェイター「お客様、ご注文はお決まりでしょうか?」
「それじゃ、このオマール海老のサフランソースを」
ウェイター「かしこまりました」
cafe-1699126_640

たった、これだけじゃないですか!
これだけで、望みの料理が目の前に出てくるんですよ。

では、次に
夢が叶わない人の場合です。

ウェイター「お客様、ご注文はお決まりでしょうか?」

「このオマール海老のサフランソース美味しそう!
絶対これ食べたいなぁ。
だって一度も食べたことないんだもん。
友だちのマユミが絶対オススメだっていってたし。
ああ、今このテーブルの上にあればなぁ。
思いっきりかぶりついてやるのに。
注文すれば出てくるのかしら?
もし出てこなかったらどうしよう。
やめておこうかしら…ブツブツ」

ウェイター「私めはオーダーされないかぎり何もできませんので」
スタスタ…。

お解りいただけましたか?
願ってばかりで、いつまでたってもオーダーしませんね。
これではウェイターも下がってしまいます。
シェフだって調理し始めませんよね。

chefs-1583150_640

これが願いを叶えたいなら願ってはいけないということの理由です。
願望実現がうまくいかない、いつまでも願いが叶わないとぼやいている人の大半はこのパターンです。

叶えたいといいながら(フリをしながら)、実際には何らかの理由をつけて現状(願いを叶えたいと願っている現実)がつづくことを望んでいるのです。

ラクですからね。
しかも夢があって楽しいし。
何だかんだいってその現実を楽しんでいるのです。

おまけに、その意味ではもう願いが叶っているのに、そのことに自分では気づいていません。

ですから、その人にとっては永遠に願いが叶わないと思えるわけです。
「もう叶ってるよ」と誰かにいわれないかぎり、気づきません。