時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

今は一つだけど過去や未来はたくさんある

時間が存在するかどうかを考えるには、過去と未来それぞれを正しくとらえておく必要があります。

よく、「この瞬間を今と呼ぶ」なんていいますが、これは明らかに誤りです。
なぜなら、そう呼んでいる間にも、この瞬間と指し示した時点は過去になってしまっているからです。
「い・ま」というたった二文字とはいえ、その間にも時間は経過しているのです。

止まってはいない

ということは、

現在とそれ以前
現在とこれから先

そんな区別に何の意味もないということです。

「現在」という特別な一点を指し示すことはできないわけですから。
せめて、あるときそれ以前のようにいうべきなのです。

普段過去と呼んでいるもの同士でも、前後関係があるわけですからね。
つまり、過去とはここからここまでという範囲を示すのではなく

ある時点より前のどこか一点を指し示している

のです。
具体的な例で説明しましょう。