時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

やはり宇宙の法則のお世話になる

そのためには、リズムの法則を活用します。
リズムの法則をカンタンに表すと次のような感じでしょうか。

  • すべてのものにリズムがある。
  • この宇宙に静止しているものはない。
  • すべてのものは変化している。

公園の前の通りでサトル君と会い、挨拶をされたときに、ミツコさんから電話がかかってきた。

ミツコさんからいつ電話がかかってきたのかを知らせるのに、こんないい方をしていたら疲れませんか?
公園の前の通りでサトル君と会い、挨拶をされたそのポイントを指し示すひと言があれば済みますよね。

これはメジャー

そこで、

ものさしのようなものを用意し、その上を一定方向に一定速度で流れていくものの存在を考え出しました。
それが時間というわけです。

これにより、あることがとても簡単にできるようになりました。