時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

未来がないとしたら

時間というものがなく、その考え方もなかったとしたらどうなるか。

まず、人びとは急ぐということをしなくなります。
考えてみてください。
急ぐ理由は何ですか?
必ず、先のことを考えてですよね。
いついつまでにこれをしないと、あれがどうなる」
または
このあと何々がそうならないようにこうする」

「今どうだから」ではないんですよ。
推測の結果という勝手に決めつけたものに振り回されて、今を生きているのです。
しかも、不確定なものを絶対的なものだという思い違いまでして。

各駅停車の人気が増す

どうしてもという理由がないときでも、早く到着する快速電車を選びませんか?
遅く着く各駅停車にメリットを感じられないのでしょうね。

  • 万が一乗り間違えたときに、早く降りられる
  • こまめにドアが開くので、きれいな空気が入ってくる
  • 空いている

考えてみれば、まだまだいくらでもありそうですよね。
各駅停車が快速電車に劣るなどということは決してありません。
それどころか、時間という概念がないのだから、早く着いて「より多くの時間が使える」という快速電車のメリットが成立しなくなるのです。

その結果、今がよければいいわけですから、すし詰めよりゆったりを選ぶのがあたり前でしょう。

まだまだ、ありますよ。