時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

時間という概念の上手な利用法

これまでの説明で時間というものは存在していないことがご理解いただけたことと思います。
ただし、間違いなくいえることは、

宇宙は完全に調和している

ということです。
不要なものが存在しているわけないのです。
では、時間という概念があることにも何か理由があるはずです。
明らかに時刻というものを指し示すための便利ツールとしての価値はあります。
でも、もっと有効な使い途はないかと考えてみました。

これまでは時間というもの自体がなければ、よいことづくしという感じでしたが、ここからは正反対の考え方をしてみましょう。

時間は存在する
ということにしてみると、面白いことがわかってきます。
当然、時間が流れているということにもしておきます。

ここで、巷で話題になった

時間は未来から過去へ流れている
(人気がありますが所詮嘘っぱちです)
とか
未来が過去を決める

という説の誤りを暴くことで、人生が楽しくなる方法をお伝えしましょう。