時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

実は今は存在しない

「時間や時の流れなどない」という考え方により、すべては原因と結果を指し示すための便宜上のものということができます。
そのときのある時点より前を原因、あとを結果と呼んでいるに過ぎないのです。

そして、このセットは過去だけでなく未来にも存在しているので原因が過去であり結果が未来だというとらえ方は誤りです。

正しくは、

すでに確定した原因と結果のセットを過去といい、まだ起こっていない未確定の原因と結果のセットを未来と呼ぶのです。

そして、その両者を区別するために必要だからという理由で、便宜上作り出されたものがと呼ばれているものなのです。

境界線

「今、世界で何かが起こっている」ですって?
それは大嘘。

今に幅がありますか?
刻々と過去を積み上げているだけです。
起こった瞬間、それはもう過去なんですから。

仮に、時間というものが存在するとしても、今に幅はありません。
今とは、単なる境界としての意味合いでしか存在できないものだったのです。