時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

相対的にみればカンタン

小学生中学生高校生
小学生現在未来未来
中学生過去現在未来
高校生過去過去現在

こうするとあまりにもカンタンに感じるのではないでしょうか。

ここで、中学生に注目してください。
すべてに当てはまっていますね。
このことからわかるのは、

現在、過去、未来という絶対的なものは存在しない

ということです。

一つのものを何通りにも表せるということですからね。
あくまでも「何かを基準にしたら何だ」という相対的な表し方しかできないということです。

では、次のような考え方も誤りだと気づきませんか?

未来がやってくる
過去が過ぎ去ってしまった

そのわけを説明しましょう。