時間は流れていないし存在しない

時間は流れていないし存在しない

童心に帰る

子どもに

「過去とは何ですか?」

という質問をしたら、まず間違いなく次のような答が返ってくるでしょう。

  • 今より前のこと
  • 昔のこと
  • 過ぎてしまったとき

無邪気です

これは時間というものが存在し、

過去 → 現在 → 未来

という方向に流れているという考え方が基になっているからです。
その理由はといえば、

  • 親にそう教わったから
  • 誰でもそういうから

人それぞれマチマチでしょうが、それが常識だという摺り込みをされてしまっているのです。

このようなおかしな摺り込みにより、多くの人々が惑わされてしまっていることは恐ろしいことです。

まず、はっきりさせておきたいのは、

時間は流れていない

ということです。

時間というものがあって、それが流れているという、このおかしな幻想からすぐに抜け出してください。

では、どうしたらいいの?