『わかりやすい解説』シリーズを一気に読もう

思考の法則をひと言で説明すると、

思ったことや考えたことが、この世界に現実化する

ただ、それだけのことなんですよ。
他の法則に比べて、非常にシンプルでわかりやすいものです。

そういわれると、ほとんどの方が「なるほど、そうか」と納得した感じになるようです。
つまり、「した感じ」ということですから、納得はしていません。

そして、しばらく考えたあとに

「そんなことあるかよ!」

という何の根拠もない否定をし始めるのです。

「思ったことが全部現実化するなんて信じられない」
「そんなうまい話があったら苦労はない」
などという感じですね。

無理もありません。
これまでの人生で、「思い通りにならない」という歯がゆい思いを、嫌というほどしてきたのでしょうから。

というわけで、思考の法則とは、デタラメインチキまやかし、ということになったりしませんよ、もちろん。

ここでわかりやすいお話をしましょう。

何かモノを思い浮かべてください。
たとえば、ハサミ、帽子、スマホ、本、飛行機、メガネ、電卓・・・
モノといっても、物質すべてというわけではなく、作られたモノがいいですね。

電卓はいつからあるの?

では、電卓はなぜあるのでしょう?

あるとき自然に湧いて出たのでしょうか?
そんなことはありません。
誰かが思いつき考えたから、この世に生成されたのです。

こんなものがあったら便利だな  そんなものができ上がった

これって、思考が現実化したわけですよ。
なかったものが、あるとき以降存在するようになったのです。
すべての人工物がそうですよね。

このように、モノだけに絞ったとしても、とてつもない数の現実化があるじゃないですか。
なのに、どうして思考の法則を否定したくなってしまうのでしょう?

  1. 思考がすぐに現実化するものだと思ってしまうから
  2. 思考は現実化しているのに、それに気づいていないから
  3. 自分に起こることは自分で生成していることを知らないから

思考が現実化することを否定したくなるのはどれでしょうか?

その答は、

全部です。

沸くけど湧きはしない

あなたは背中がかゆいとき、掻きませんか?
考えもせずに、掻きますよね。
これは無意識に思考の法則を活用している例です。
あまりにもカンタンに現実化してしまうから、それと気づかないだけです。

もし、考えたらどうでしょう?
「背中がかゆいから、数秒後に必ず掻くぞ」
と固く決意したあなたは、無事背中を掻けるのでしょうか?

当然、背中を掻くという行動はすぐに現実化するAものです。

逆に、もっと時間が必要なことはどうでしょう?
プラモデルを完成させる、ゲームをクリアするといったことも現実化してきました。
主婦の方などは、より実感できるはずです。
あなたが夕食の献立を考えたから、さまざまな料理が食卓に並ぶわけです。

本当はこれまでずっと、あなたは思考を現実化させてきたのです。
あなたが現実化しないというものは、単にもっと時間が必要なことに気づかずに、途中で諦めてしまったものにすぎないのです。

このようなことに気づいていないBから、否定したくなってしまうんですよ。

どこかの誰かが、コーヒーを飲みたくなったので、あなたはカップボードにつかつかと歩み寄り、コーヒー豆の入ったキャニスターに手を伸ばし・・・。

あり得ませんよね。
あなたが飲みたいと思い、「コーヒーを淹れるぞ」と考えるから、あなたがコーヒーを飲むということが現実化されるのです。

例外なく、あなたの人生に起こることは、あなたが選択した結果起こるのです。
そこから、人生は自分で生成しているCといえるのです。

これでもまだ思考の法則を否定できますか?
どうがんばっても無理があります。
頑なに否定し続けるのは自由ですが、それは思考が現実化しない世界を現実化させていることになるわけです。

投影の法則のわかりやすい解説

投影の法則を一言で表すのに

他人は自分の映し鏡

という表現を使います。

これは

自分の性質が他人の中に見て取れる

ということなんですが、どうしても釈然としない方が多いようです。

そこで、今回は嫌でもわかってしまう説明をしようと思います。

 

坂道を思い浮かべてください。

よろしいですか?
思い浮かべましたね?

 

さて、その坂道は

上り坂? 下り坂?
どちらですか?

 

上り坂と答えた方にお尋ねします。

下り坂ではないのですか?」

下り坂と即座に答えた方に・・・

いや、もう必要ないでしょう。

 

どちらともいえませんよね?

または

どちらなのかは、あなたが決めているということができます。

上ろうとしている人には上り坂に思えるし、下ろうとしていれば下り坂だと感じるのです。

 

このように、そのものがどうであるのかを決める際には、必ず

あなたの見方や感じ方が影響している

わけです。

  • どちらともいえない坂道を上り坂だと思うこと
  • どちらともいえない他人を嫌な人だと思うこと

これらは同じことなのです。

 

どちらなのか決まっている坂道がないように、いい人か嫌な人かが決まっている人もいません。

すべてあなたの感じ方が、その人を通して見て取れるということなのです。

 

その人がそうなのではありません。

あなたがそう感じる

ということが

その人を通してわかる

のです。

 

あなた自信がそのままその人の中に見えるということです。

だから、映し鏡なんですよ。

 

あなたは生涯を通して世界のあらゆるものを見つづけてきた、と思っているかもしれません。
でも、違うんですよ。

あなたが見てきたもの、これからも見ていくものは、ものごとに対する自分の感じ方です。

自分がどんな人間なのか

ただそれだけを見つづけていくのです。

 

引き寄せの法則のわかりやすい解説

「こんな人には誰も寄りつかない」

「こんな人の周りに人は集まる」

どちらがいい感じでしょう?

個人差はあるでしょうが、人は否定を避けるものです。
それも無意識のうちにです。

同じことを表現するにも、

寄りつかない 集まる

と肯定形にすることで、印象がよくなります。

これは、たとえその否定がもっともだと思える場合でも変わりません。

 

たとえば、

あのコンビニの店員知ってる?
お釣りを間違えていることをいったら、面倒臭そうにレジを開け直すのよ。
自分でミスしておきながら、謝るどころか逆ギレ寸前!
感じ悪いったらありゃしない。
とっととクビにしないと、客がいなくなるわよね。

と話しているAさんと

この前、居酒屋にスマホ置き忘れちゃったのよ。
慌てて取りに行ったら、感じのいい店員さんがいたのよね。
「大切に保管しておきました」なんて爽やかに渡してくれたりして。
感謝しきれなかったわ。

と話すBさん。

 

コンビニの店員も居酒屋の店員も、話通りの人だったとします。

このとき、Aさん、Bさんともに本当のことを話しているので、どちらかが好ましいということはありません。

ところが、なぜかBさんのほうに人が集ってきます。

それぞれの話のお題が好ましいかどうかということも関係しているかもしれませんが、それ以上に大きく影響していることがあります。

 

その人がどこに意識を向ける人なのか

周囲の人は無意識にこれに反応しているのです。

 

ミツバチが美味しそうな蜜にさそわれ、花に引き寄せられていくのと同じことです。

どんなにそれが正しいか、事実通りなのかなんてことはどうでもいいのです。
それを聞いて、自分が気分よくなれるかなれないか、が問題なのです。

これが引き寄せの法則のわかりやすい例です。

 

たしかに、不届き者のコンビニ店員に落ち度があるのでしょうが、なぜかAさんが感じ悪い人になってしまうわけですね。

この秘密は、投影の法則を考えるとわかりやすくなります。

これも無意識にですが、周囲の人々はこう思っています。

「そのコンビニ店員が本当はどうなのかは知りようがないけど、Aさんがそう思う人だということは明らかだ」

つまり、その話題の人のことより目の前のAさんのことに気がいくわけです。

結局、Aさんも逆の立場だったら、気分が悪くなるようなことをする可能性があるということを察しているのですね。
だから、誰も寄りつかないということになります。

 

いや、実際にはそんなAさんにも引き寄せの法則がはたらいています。
一緒になって悪口をいい、憂さ晴らしをしたいという人々が集まってくるじゃないですか。

という具合に、間違いなく法則がはたらいているんですよ。

 

  • 不平不満ばかりいっている人
  • 何ごとにも感謝する人

それぞれに、必ず人は集まりますが、その質が大切ですよね。

 

望むものを引き寄せたければ、引き寄せられるあなたであることが必要なのです。

引き寄せの法則って、ただそれだけのことなのです。

 

極性の法則のわかりやすい解説

極性の法則とは

すべてのものには極がある。光と影、白と黒、陰と陽、プラスとマイナスというように、一方があれば必ずその対極にもう一方がある。すべてがよいという状態もなければ、すべてが悪いという状態もない。極は選ぶことが可能であり、その間には無限のものさしがある。

ということですが、わかりづらいですよね。
まず、かんたんな表現に置き換えてみましょう。

極性の法則を平たくいえば、

どんなものでも、

それ以上に程度が甚だしいものと比べれば大したことはない

そんな感じでとらえてください。

● 食堂で出された水が、塩素臭かったとき

「うわ! なんてまずい水を出すんだ、この店は」

となるか

「安全な水を飲める国で暮らせてありがたい」

と感じるかの差です。

あなたと泥水しか飲めない国の人では、同じ体験をしているのに感じ方がまったく違うわけです。

その水に決まった価値なんてないことに気づきませんか?
多い少ない、大きい小さい、といったことも同じです。

たとえば、

● 同じ金額をもらっても人により

「こんなにたくさんいただけるんですか!」
「たったこれだけしかもらえないのか

と感じ方が異なります。

その金額に絶対的な価値はありませんから、すべて自分で決めているんですよ。

 

面白い例を挙げてみましょう。
宿の評価をしている口コミサイトでの話です。

同じ宿をケチョンケチョンにけなしている人と、べた褒めしている人がいたりします。

この違いって何だと思いますか?

もちろん、その客が底意地悪くてアラ探しをするのが趣味だとかいうこともあるかもしれません。でも、もっと高い確率で当てはまる法則があるんですよ。

 

プランです。

そう、宿泊プランです。

同じ宿なのに複数のプランがあります。

  1. 贅の極み! 豪華絢爛プラン(お一人様68,000円より)
  2. 期間限定! 得々プラン(お一人様7,800円より)

 

その宿をどちらのプランで利用したのかにより、評価が全く異なるのです。

  1. のプランで利用した客は「こんなに払ったのに、こんなものか」
  2. のプランで宿泊した人は「こんなに安くて、こんなにまで」

というわけです。

同じ宿なのにね。
自分がいくら払ったかにより、期待する対価が違うってことですよ。

こう考えてくると、気づきませんか?
自分がよい波動を出せるほうがお得ですよね?

どちらとも決まっていないものに

不平不満をいい、波動を下げる
感謝して、よい波動を発する

あなたならどちらを選びますか?

 

[まとめ]

・その水は美味しくもまずくもない!

・その金額は多くも少なくもない!

・その宿はよくも悪くもない!

すべて自分が決めている

その判断の結果が自分の波動となり、自分に返ってくる

ということなのです。

 

 

リズムの法則のわかりやすい解説

ジェットコースターリフトの違いが分かりますか?

と聞かれて、たいていの人は

  • 速度が違う
  • スリルが違う

のような点に目がいくようです。

たしかに、速度はとんでもない差がありますし、スリルもまったく比べ物になりません。

ただ、そんな答を期待して出題する人がいるのだろうか、ということを考えずに答えてしまうことのほうが気になります。

回答する際にはそこまで考えないとね(笑)

 

実はこの二つは、それぞれあるものの喩えとして出しました。

 

人生です。

人生というものを

  1. ジェットコースター
  2. リフト

どちらだと見ているかで大きな違いがあるのです。

ポイントは、乗り降りするシーンを思い浮かべるとわかりやすくなります。

ジェットコースターは、一旦停止した状態で乗り込みます。
リフトは止まらずに動いたままのところへ乗ります。

では、人生は一体どちらなのでしょう?

 

 

そのとおり!

リフトですよね。

あなたがことを起こそうとするとき、絶妙なタイミングですべてのものごとが停止し、うまく進められるようにしてくれる。

そんなことはあり得ませんよね。

 

この世の事象はすべて停止することはなく、一定のリズムを刻みながら動いています。
その中でベストなタイミングを見計らって、流れに乗っていくのが人生です。

 

ここで、もう一度、乗り降りのシーンを思い浮かべてみてください。

 

先ほどより、しっくりくるのではないでしょうか。

 

「あれがこうなったら」

そんな勝手に区切りをつけた考え方をしている人がほとんどです。
だから、機を逸したり、時期尚早ということになるのです。

リフトが止まってくれるものだと思いこんでいる人は、自分の前に停止して乗りやすい状態になったら乗ろうと、のんびり待っているようなものです。

その結果、

「あらら、停まってくれないの」

「どうしよう?」

「乗ろうかな?」

「乗れるかな?」

「アタフタ、アタフタ・・・」

そんなことになってしまうのです。

 

リズムの法則を活用するには、一部分だけを切り取った見方ではなく、エンドレスにつながった流れとしてとらえることが最も大切です。

「動いているんだ。上手にタイミングを見計らって乗らなければ、すっ転んでしまうぞ!」

この荒波に飛び出す勇気が必要なのです。

 

両性の法則のわかりやすい解説

 

女性性とは何でしょう?

まず、お伝えしておかなければならないのは、

女性性と女らしさはまったく別のものだ

ということです。

女性性という言葉の意味自体を取り違えないことが大切です。

 

この記事では、6番目の宇宙の法則両性の法則における女性性について

  • 女性性とは何か?
  • どうすれば女性性を開けるのか?
  • 女性性と男性性のバランスは?

という視点からお伝えしていきます。

それは単に女らしさでしょう

これからの時代は女性性を磨くことが重要です

以前、どこかのブログで見かけたんですよ。
一字一句この通りだったかどうかははっきりしませんが、こんな感じだったことは覚えています。

「おっ、これは両性の法則に関しての記事だな」

という期待をもって読み始めてみましたが、すぐにがっかりさせられました。
なぜなら・・・

ことば遣い、身のこなし、メイクの仕方などなど、女性ならこうあるべきのような心構えに関する内容でしたから。

それはそれで確かに大事なことですが、それを女性性といってしまうのはいかがなものでしょう。
それは単に女らしさというべきですよね。

 

第6番目の法則、両性の法則は、

この宇宙には男性性エネルギーと女性性エネルギーがある

ということを伝えています。

これを学ぶ上で注意しなければならないのが、一般的にいう

  • 男らしさ
  • 女らしさ

という表現です。

宇宙の法則でいう男性性、女性性というものは、それらとはまったく異なる意味のものだということに注意してください。

性別は関係ありません

男性性 ≠ 男にある 女性性 ≠ 女にある
性別の男女は関係ありません

男性の中に男性性エネルギーと女性性エネルギーの両方が存在しますし、女性の中にもやはり両方が存在しているのです。

それぞれのエネルギーを簡単に表現すると、

  • 男性性エネルギー 放出・拡大・上昇
  • 女性性エネルギー 吸収・受容・共感

という感じになります。

与える 受け取る

というの関係ととらえるとわかりやすいでしょう。

さらに、

はねつける 受け入れる

というセットもわかりやすいでしょう。

男性性と女性性のバランス

両性の法則が伝えるとおり、両方のエネルギーのバランスを高いレベルで取ることが重要ですが、現代では圧倒的に女性性が不足しているのが現状です。

これを解消することで、

世の中のほとんどの問題が解決される

ほど重要なことなのです。

 

両性の法則の入門段階としては、

  • 両エネルギーとも性別に関係なく存在すること
  • 現代では女性性エネルギーが重要であること

の二つを抑えておくとこれからの学習がスムーズに進むでしょう。

 

原因と結果の法則のわかりやすい解説

優柔不断な人はいない

このようなことをいうと、必ずいるんですよね。

次のようにいう人が。

「メニューを見て注文するときも、いつも迷ってしまってどうしても決められないんです」

このような人は、自分のことを決断力がないといいます。

本当にそうなのでしょうか。

こういう人たちも、きちんと自分で選択しているんですよ。
だって、きちんとその店にいるじゃないですか?
どの店に行くか何時間も悩んだ結果だとでもいうのでしょうか?

しかも、メニューを見ているということは座席についているわけでしょ。
どの席につくか悩んでしまい、立ったままメニューを見ているというなら、信じてあげてもいいですけどね(笑)

 

すべての人に選択する力が備わっています。

皆、自分のその力で人生をつくっているのです。
なのに、決められない?

メニューが苦手な人たちはこれがわかっていない

飲食店などでオーダーする際に、目移りしてしまいなかなか決められない人がいます。

そんなこといっている自分も若い頃はかなり悩むタチでした。
あるとき真剣に悩みながら、ふと思ったんですよ。

まるでお告げみたいな感じでしたが(笑)

(どっちがいいかな~? ブツブツ・・・)

すると、そんなことで悩む前に

  • そんなふうに悩んでいるか
  • 今すぐ決めるか

そのどちらかで悩みなさい、なんて声が聞こえてきたんです。

自分で思いついたのか、本当にお告げだったのか、そんなことは定かではありません。
ただ、間違いなく思ったのは、悩んだり迷ったりしてグダグダ時間を浪費することは損だ。
ということでした。

「そうか! どっちがいいか以前に、こうして悩んでいること自体がもっとも悪いことじゃないか」

ただ、もっともよろしくないことを真っ先にやめるだけでいいんです。

一気に目の前が明るくなったような気がしたものです。

迷ってしまう人の特徴

自分の直感に自信がないことです。

なんとなくいいな、と思ったのに、

  • いや、こっちもいい。
  • でも、これはもっといい。
  • やっぱり、はじめのもいい。

こんな有様です。

この、なんとなくというのがものすごく重要なのに、それがわかっていないんですね。
これこそが宇宙があなたに届けようとしている直感という名のギフトなのに。

意図的ではないにせよ、何かを選択する際に迷うということは、このギフトを受け取ることを拒んでいることに違いはないのです。

自分の考えや分析が入った段階で、もうそれは直感ではありません。
せっかくのギフトを放棄し、何らかの理屈を探そうとしているのです。

直感とは、宇宙からあなたへのギフトです。

あなたが何か考えたりする以前に、

これにしなさいよ。
これがあなたにいいですよ。
そうすればきっといいことになりますよ。

という具合に、ヒントを与えてくれているのです。

よくありませんか?
とくに理由はないんだけど、なんとなくピンときたんだよね。
なんていうことが。

結果の積み重ね

結局、人生ってそれだけなんですよ。

宇宙からのギフトにより、日々選択をした結果の積み重ねをそう呼んでいるだけだったのです。

原因と結果の法則が示すとおり、あなたがしたその選択には原因があったのです。
ですから、悔やんだり、落ち込んだりする必要は一切ないのですよ。
そんなことをするのは、原因自体を否定するようなことですから、まったく意味がありません。

いかがでしょう?
あれこれ悩んだりしていることが無意味に感じてきませんか?
素直にギフトを受け入れることを心がければ、どんなに楽になることでしょう。

 


各法則の読み直し

 

思考の法則

 

投影の法則

 

引き寄せの法則

 

極性の法則

 

リズムの法則
両性の法則

 

原因と結果の法則