大どんでん返しって?

本当に損をしないためには、必要な分以外は買わないことです。
どんなに安かろうが、いらないものには一切価値がないことをお忘れなく。

流れからして当然、最後のこの部分がもっとも言いたいことだと思ったことでしょう。

ところが、なんと違ったのです。

本当に言いたかったのは、

こういう問題を出されると、たいていはすぐに得か損かとか高いか安いかということに意識がいってしまうじゃないですか。

そのこと自体が思い込みだ

ということだったのです。

いいかえれば、
問題文に引きつけられ、「いらないものには一切価値がない」ということに気づかなくなってしまうことが思い込みによるものだということです。

最後にありましたよね?
「さて、これって本当に損していませんか?」という文面が。
あそこで、次のようにいえた人こそが、思い込みをしづらい人ということです。

いらないものを買うんだから損するに決まってるだろ

解説ページで説明したような金額面での思い込みも確かに影響しているのですが、あれは本文中のお客さんの思い込みです。

ここで説明したもの、つまりもっとも言いたかったこととは、あなたの中にある思い込みのことだったのです。

はじめに言っておきましたよね。
「さあ、体験してください」って。

もう一つも見てみる