思い込みの外し方Q1

roadway-1081812_640

ある日あるところへある親子が車で出かけました。
父親はヒロシさん、息子はミツオくんという名でした。

親子二人とも山が好きだったので、その日も山道のドライブを楽しむことにしました。
ヒロシさんは日頃の寝不足がたたったのか、帰りにはかなり疲れが出てきてしまいました。

しばらく森が続く道にさしかかったこともあり、車を停めて休憩することにしました。

ミツオくんはお父さんに言いました。
「お父さん、無理しないで仮眠したほうがいいよ」
「な~に、父さんのふだんの運転を知ってるだろ? 任せておけ!」
「でも、この先ずっと森が続くんだし…」

息子の心遣いはありがたかったのですが、早く帰ってうちで休んだほうがゆっくりできると判断したヒロシさんは、そそくさとエンジンをかけると、街灯もない山道をヘッドライトも点けず、ふだんでは考えられないスピードで走り抜けていきました。

結局、二人は無事帰り着くことができたのですが、なぜでしょう?