12時34分56秒の表示を見たときの反応の違いからわかるストレスのない生き方

もちろん、4時44分44秒でもかまいません。

こういった数の並びを目にしたときに、なんとなくうれしい感じがして、思わず喜んでしまったりしませんか?

そんな方もいれば、反対に
「そんなもの珍しいものでも何でもない」
冷静な方もいることでしょう。

この宇宙によいも悪いもない

ことは周知の事実ですから、ここで「どちらがよいか」などということを考えるのは愚の骨頂です。

でも、どちらが好みかに関して書く自由はあるはずですので、そこに絞ってお伝えしましょう。

個人的にどちらが好きかといえば、前者ですね。
素直に喜ぶ方です。

僕自信がどちらなのかというと、後者です。
正確にいうと以前はそうでした。

喜んでいる人を見て、

「そんなものを見て何がうれしいんだ?」
「特別なものじゃないし、またくり返されるというのに」

たしかに、理屈からすればその通りです。とはいえ、かなり冷めていましたね。

12時34分56秒はその日にしかないわけではないし、間違いなく翌日またやってきます。
決して珍しいものではありません。

また、10時16分22秒と価値が違うわけでもありません

では、ちょうどその瞬間に文字盤に目をやった、というそのことに意味があるのでしょうか?
いえいえ、11時32分41秒をちょうど目にすることと、何も変わりません。

このように、他と何も変わらないものを特別視しているだけだということは、誰の目にも明らかなことです。

ということは、変なことをしている人と正しく分析できる人がいましたとさ・・・でお話を終えてよさそうです。

ところが、このような見方しかできないと、人生はつまらないもので終わってしまいます。

タイトルにあるように、両者には決定的な違いがあるんですよ。

わかりますか?

素直さ、人間らしさの類ではありません

正解は、

女性性の開き具合

がまったく違います。

に、赤い文字で正解が表示されていない方は、
もう一度答を表示させる

「なんでいちいち隠すのか?」
その驚きの理由は こちらからどうぞ

つまり、受け入れる力が両者の間では、まったく違うんですよ。

ただ、注意していただきたいのは、何を受け入れるのかという点です。
12時34分56秒をちょうど目にした、というような事象ではありません。

そのときの自分の感情を受け入れられるかどうか

ということなのです。

女性性が十分開いていると、
「ああ、ラッキー! うれしいな」
と何も考えずに受け入れられます。
受け入れている感覚すらないほど自然なことです。

一方、後者のようなタイプは、何とかして何でもないことにしようと、否定してかかります。

これが両者の決定的な差です。

自然な感情を否定する必要などありません。

まったく必要性のないことをなぜするのか?
僕はこれに答えることができないことに気づき、無駄な行為をやめました。

しかも、そんなことをすべてについて行うことは不可能です。

「いい天気で気持ちいいなあ」
という人に対して、

  • なぜ、いい天気だと気持ちいいのか?
  • どこからがいい天気と呼べるのか?
  • 何の目的でそれを自分に伝えるのか?

こんなことをいっていたら、社会から爪弾きにされてしまうでしょう。

正しいことが重要なのではありません。

「正しいかどうか」なんてことは、ある条件下のある前提のもとで、限定された状況でしか規定できません。

普段の生活で正しいなんていう場合、ほとんどがその程度のものでしかありません。

子どもが扉を開けっ放しにして出ていきました。

さあ、あなたならどうしますか?

どれが正解でしょう?

  1. 呼び戻して、きちんと閉めさせる。
  2. 自分でそそくさと閉める。
  3. 気にせず、そのままにしておく。

お待たせしました。
毎度おなじみのどれでもないパターンの登場です。(ちょっと久しぶりですね)

  • 開けたら閉じるが正しいマナーだなんて頑固な方はA
  • 隙間風が嫌なので、閉まっていることが大事だという方はB
  • 他にもっと気になることがあって、そんなことどうでもいいという方はC

なんてことになるかもしれません。
おまけに、同じ人でもそのときによって違ったりしますからね。

「決まりを守らせなければ、きちんと躾けなければ」
などと思ったら、次のように考えてみましょう。

開けた扉は閉めなければならない

これは、この世の中の絶対の真理であり、躾の大原則である。

いかが?
アホらしくなってきませんか?

いかに普段くだらないことに縛られ、(見えない何かに)強制されていることに気づきませんか?

正しいことよりも、自然なことを重視して生きることで、ストレスが一気に軽減されますよ。