自分の世界をつくるのは、フォーク曲げとおなじこと?

自分の世界をつくるのは実は簡単です。

それを実感するには、先にこちらをご覧いただく必要があります。

限界は自分で決めている
「なんだこのアホヅラした親子は?」 とかいわずに、よく見てください。 フォークが丸まっているじゃないですか。 しかも、2周ですよ。 グルグルと2周巻いてしま...

(この記事は45秒で読めます)  

実は、このフォーク曲げと同じなんです。

しかし、この記事を読んで実際にフォークを曲げられた方は
いったいどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

① やらなかった
② やってみたけど曲がらなかった
③ 簡単に曲げられた

③の方は少なかったのではないでしょうか?

では、この記事を読んでもう一度挑戦してみてください。

今回はきっと曲げられると思います。

① 今までの思い込みをなくす

フォークは金属で固いから曲がらない

⇒フォークは本当は柔らかいものだから、曲がるはず

② 曲げてもいいという「許可」をだす

「このフォーク高いからなぁ、
曲げたらもったいないし、
怒られるかもしれない」

などと、エゴが曲げられない理由を探し出します。

「これは曲げても大丈夫。曲げていいものなんだ」

と許可をだしましょう。

(最初は100円ショップとかの安い物のほうが、
罪悪感もありませんし、曲げやすいのでおすすめです)

※この「許可」を出すということを、
意識するかしないかで結果が大きく変わります。

③ 曲げると「決意する」

さあ、曲げると決意してください。

すべての責任を自分で負うと決めて、
自分は曲げるんだ、
曲げることができるんだと決意しましょう。

④ 曲げる

さあ、曲げてみましょう。

実行するのは、ほかの誰でもなくあなた自身です。

⑤ ちょっとしたコツ

フォークの曲げるところをなでて、これは曲がる曲がると念じてください。
そうしてると、「今だ!」という感じがしてきます。

そこで、ためらわず、一気にぐにゃりと曲げてみてください。
何重にも簡単に曲がりますから。

一度曲がれば、しめたもの。

今まで曲がらないと思い込んでいたものが、
簡単に曲がるものなのだと潜在意識が書き換えられ、
再現できるようになります。

ぜひ、試してみてくださいね。

このように、自分の世界もかんたんにつくることができます。

フォーク曲げを例にして、おさらいしてみましょう。

【目標を持つ】フォークを曲げたい

【方法を知る】こうすれば曲がる

【思い込みをなくす】曲がらないもの⇒曲がるもの

【許可をだす】これは曲げてもいいんだ

【決意する】じゃあ、曲げよう

ここまでは、あなたの頭で考えたり、思ったりしたことですね。
(「思考は現実化する」の「思考」部分です)
実際に体を動かし、行動しなくては曲がりません。


【実行する】実際に曲げる

今までやらなかったことや、できなかったことを
してみましょう。

ちいさな成功体験を積むことで、世界が大きく変わってきますよ。