コノヤローと思ったときこそ感謝するチャンスです

普通はそれでかまいません

車で走行中、前の車との車間距離があまりないというのに、無理に割り込まれたらどう感じますか?

「危ねえな、コノヤロー!」

これが普通かもしれませんね。
でもね、これがいちばん不毛なんですよ。

よくいわれることですが、車間距離は多めに取ったほうが安全です。
前車が急停止したら、自分が加害者・被害者の両方になるわけですからね。

よくいるじゃないですか。
ほとんど車間を空けずに、ペタッとくっついてくる奴。

ああいう連中はこのことが分かっていないんですよね。
自ら危険度を増して、何のメリットがあるというのでしょう。

crash-test-1620591_640

免許がある方はご存じのはず

ここで、おもしろいことをお話ししましょう。

常人の反射神経では、時速60kmで走行中、車間は44m以上空けていないと衝突します。
仮にボクサー並みの反射神経があって、瞬時にブレーキをかけたとしても、最低27mは必要です。
速度がもっと出ている場合は、当然数値はこれより上がります。

これは物理の法則が変わらないかぎり、どうしようもないことです。
宇宙の法則と同じで、逃れることはできません。

  1. なぜ、彼らはそんな愚かなことをするのか?
  2. なぜ、ほとんどの場合衝突せずに済んでいるのか?
question-mark-3255136_640

1の答はすぐに思いつきますよね。

無知だからです(笑)

2が不思議じゃないですか?

先ほどの 44-27=17mというのが「あ!」と思ってから、実際にブレーキが効き始めるまでに走る距離です。

ということは、17m以上空けていない場合、必ず衝突してしまうはずです。
なのに、実際にはそんなことにはなりません。
不思議ですよね?

じつは、ここに思い込みがあるのです。
あることを忘れているんですね。

そのあることとは?

前の車も走っている

ことでした。

前の車も走っているとどうして衝突しないの?

逆に言えば、衝突するのは前者が完全に停止してから1秒以上経過したときということです。

ブレーキやタイヤの性能の差などは無視できる程度のものとしましょう。
そのうえで計算すると1秒以内(17m走る前)にブレーキをかけてやれば、衝突しないことがわかります。
時速60kmはおよそ秒速17mですから。
(60÷3600×1000≒17m)

では、1秒ってどれぐらいでしょう?

16:21:45

いかがですか?

このわずかな間に、

「危ない!」という判断をし
→ 「ブレーキをかけなければ」と思い
→ 正確にブレーキレバーに足を載せ
→ しっかり踏み込む

という一連の作業をして、初めて衝突を避けられるのです。
しかも、これが走行中ずっとつづくんですよ。

人間の集中力の限界をはるかに超えていますよね。

すべてに意味がある

notebook-1939358_640

よくやりませんでしたか?
誰かに鉛筆を持ってもらって、放した瞬間キャッチするというアレ。

あれが何時間もつづくということですよ。
いやあ、とうてい集中力が持ちません。
だから、みんな車間距離を取るわけです。
1秒以上よそ見できるようにね。

まあ、とにかく、こういうことを理解できずに、割り込みするような人には感謝することです。
こういうのにまで感謝できるようになれば、かなりの上級者ということです。

別の見方をしてみましょう。

割り込まれて危ないと思うということは、彼らは「気も漫ろになり十分な車間が取れていない」ことを気づかせてくれる存在なのです。
おまけに記事ネタの主人公になってくれるわけですし。
しかも、愚か者という役まで引き受けて。

感謝以外に何ができましょう?

ついてる!
ありがたい!
感謝します!

「危ねえな、コノヤロー!」
よりずっと幸せな気分になれますよ。