嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われるのか?

タイトルで「○○なのか?」となっている場合、「いや、そんなことはない!」という主旨のものが多いものです。

ところが、この記事はそれを覆したいわけではありませんが、「そのとおりです」という主旨のものです。

結論からいってしまいましょう。

多くの人から嫌われます

多くの人がその人を嫌います。
その人のことを嫌う人の数が多いです。

もう、これぐらいでいいでしょうか。

ですから、人に嫌われたくなかったら、人を嫌わないようにしましょう。

という記事の終わり方もよさそうですが、あまりにも低レベルです。
これでは、どうしてなのかについて触れていませんからね。

さて、そのどうしてなのかを理解するためには、投影の法則を理解している必要があります。

この世界は自分を映し出す巨大スクリーンだ

簡単にいえばそういうことですが、もう少しだけ詳しく紹介しておきます。

  • 何かを見たときの感じ方にその人が表れる
  • 何かがそうなのではなく、その人の感じ方がそうである

つまり、この世界に決まっているものはなく、その何かに対する感じ方だけが決まっているのです。

このことを知らずに、いくら好き嫌いに関して考えても徒労に終わります。

さあ、この段階でもう一度、嫌いな人が多い人ってどんな人か考えてみてください。

まずは、最低の回答を。

周りに、嫌われるのがあたり前なおかしな人がたくさんいる、気の毒な人

たしかに誤りではないですよね。
そう言えないことはありません。

ただ、そうとしか思えないということは、大事なことがまったく分かっていないということになります。

正しくは、

自分に嫌な面が多すぎて嫌気が差している人

ということです。

「えー、なんで?」

というリアクションを期待します(笑)

ある人のことを嫌うというとき、正しくはその人の中に見える性質を嫌っているのです。
その証拠に、同じ性質がある別の人がいたら、やっぱり嫌いますよね。

とにかく、その人たち自体を嫌っているわけではありません。
人の嫌な性質が目に留まるということは、その嫌な性質が自分の中にもあるからです。

本当はその人がどんなであろうが、そんなに気になったりしません。
ごくごく稀に、「この人にだけはそんなふうになってほしくない」なんて思うことはあるかもしれませんが、それはあくまでも例外です。

その性質が気になるのは、自分がそれを知っているからだ

このことを無意識に感じて嫌な思いをするのです。

つまり、実際は自分のことをみているのです。
誰でも自分のことが一番気になるものですからね。

先ほどのとても大切な人の例を除けば、他人がどんなであろうが、そこまで親身になったりしませんよね?
ましてや、「嫌いだ」なんて思っている人のことを気遣ったりしますか?

自分にたくさん嫌な面がある人が、他人の中にその同じ性質を見て取り、嫌な感情が湧いたときに取る行動のことを「嫌う」というのです。

ここで今回のタイトルを思い出してください。

嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われるのか?

なんてくだらない疑問なのでしょう。
これって、次のようにいっているのと同じですよ。

自分が嫌になるほどの性質をたくさん持ち合わせた人は、多くの人から嫌われるのかどうか?

今のあなたなら、即答できますよね。

「嫌われるに決まってるだろ!」