実際に宇宙の法則を活用してみます

できの悪い子ほどかわいい

とよくいわれますが、できは悪くないのに日の目を見ない子だったらどうでしょう?

僕ならもっともっとかわいがりますね。

さて、お気づきの方も多いと思いますが、念のため。
各記事の右下にタグが表示されていますよね。
その中でときおり見かけるあのとんでもなく長いタグ

あ!そんな考え方もあったのか

を目にしたことがある方も多いことでしょう。
内容はすぐわかりそうですが、想像されるものとはチョット違うので補足しておきます。

パッと見では、「新しいことに気づく」という感じに取ることができそうですが、やや違うんですよね。

  • まさにその通り
  • ぐうの音も出ない
  • なんで気づかなかったんだろう

・・・みたいな感じとでもいいましょうか。

一つ一つのことはよく知っていて当たり前のことなのに、その関係のとらえ方、要するに頭の使い方に斬新さが。
全部知ってることなのに、読み終えるとなぜか

「あ!」
「ええっ!」
「うわー!」

となってしまうものです。
だから、「なるほどね~初めて知ったよ」みたいなのは除外してあります。

よくいう、

頭から冷水をぶっかけられたような感じ

頭から冷水を

あれを体験していただける記事と思ってください。
あれって映画のどんでん返しみたいでたまらないですよね。

実はこの記事は、タグの紹介のためのものではありません。
この記事を通じて、思考の法則、両性の法則を活用しようとしているのです。

できは悪くないのに日の目を見ない子たちにスポットを当てようという試みです。
と同時に、実際にご覧いただいた方に女性性を開いていただくというものです。
きっかけは、あることに気づいたからなのです。

ほとんどの方は不足・不満・悩み・問題といったものにばかり気を取られています。
これって自分から何かを得ようとか、何かを解消しようとかいう男性性丸出しの状態なんですね。
だから、それに役立つ記事はないかという意識で、物色して回ることになります。

両性の法則を学習済みの方には蛇足ですが、本当はこの状態をやめ女性性を開くことが問題解消への近道なのです。

実際にやってみてください。

  • 受け取るのです
  • 受け入れるんですよ
  • 得ようとするのとは大きく違うのです

僕が「これがいいですよ」とオススメしているものを、スンナリ受け入れてみてください。
それができない理由がありますか?
別に何も起きやしませんよ。

もし、できないとしたら、そこにあなたが満たされない原因があるのです。
まずは、

はねつけ、自分で何かを得ようと足掻く

この姿勢を変えないかぎり、何も変わりません。

正確にいうと、そんなふうに言われると、すぐ反感をもってしまうその性質に気づくことが先決です。
変える以前に、気づくことが急務です。

なぜなら、それ自体が受け入れることの実践になっているからです。
僕に言われて、反発せず認めることができたわけですから。
「自分にはそういう傾向があるのか、どんな面にそれが表れているのかな?」
とそのあとで、ゆっくり考えればいいのです。

頭ごなしにそんなことはないとはねつけて、どんないいことがありますか?
現に、これまでそうして来て、何かよいことがありましたか?

ほら、あなたも気づいていましたよね。
さあ、早速、受け入れてみましょう。

あ!そんな考え方もあったのか