「愛されるのと愛するのはどちらが幸せか?」に対する意外な答

まず、注意しておかなければならないことがあります。
この質問に対して、「どっちかなあ?」と考えてみようとする方は、詐欺に引っかかりやすいかもしれません。

次のような考え方をしても答は出ません。
出たとしてもお門違いなものになるでしょう。

好かれるのと好きになるのはどっちがいいかな?

「~される」と「~する」

つまり、受動能動を比較しても意味がないということです。
というより、本来比べられないものをなぜ比べてしまうのか、そのことのほうが不思議なぐらいです。

正しくは、次のような比較しか成立しません。

愛されるのと信頼されるのはどっちがいいかな?

(受動)と(受動)

または

愛するのと信頼するのはどっちがいいかな?

(能動)と(能動)

もっとわかりやすい例を挙げましょう。

蹴っ飛ばされるのと蹴っ飛ばすのはどっちがいいかな?

こんなものを比較しませんよね?
なのに、なぜか「愛する」の場合は比べてしまうから面白いです。
では、なぜ「愛する」の場合は比べてしまうのかをハッキリさせましょう。

自分だけ

誰しも本当は能動にしか興味がないのです。
愛されるという受動などではなく、愛されることによって自分が何かを感じる思うという能動だけが興味の対象なのです。

次の例でわかります。
考えずにすぐ答えてみてください。

裏切られるのと裏切るのとではどちらがいいか?

多くの人は、「裏切られるほうがいい」と答えるようです。
その理由はと問えば、間違いなくこう答えます。

「自分が、裏切るなどという卑劣な行為をしたくないから」

おや?
相手ならいいんですか?
自分でなければ、誰かが卑劣なことをしても、関係ないのですか?
その誰かが良心の呵責に耐えられなくても、お構いなしなんですね?

ほら、このように自分が感じること(能動)以外は、気にも留めないんですよ。
裏切ることのほうがマシだと考えた方は、質問に答える前に、相手のことに考えを巡らせましたか?

「自分のことを裏切ったその誰かは、後ろめたい思いをしていないだろうか?」

おそらく、「自分はどうだろう?」ということしか考えなかったのではないでしょうか。

本当はどれ?

結局、自分が「愛される」ではなく、誰かが「愛する」なのですから、タイトルの疑問はこう置き換えられてしまうのです。

愛されるのと愛するのはどちらが幸せか?
   ↓
誰かが愛するのと自分が愛するのはどちらが幸せか?

誰かがお腹いっぱい食べるのと自分がお腹いっぱい食べるのでは、どちらが満腹になるだろうか
まさか、そんなことを比べたりしませんよね?

ということからわかるように、本当は次の2つを比べていたのです。

  1. 愛される(誰かが愛する)ことによる自分のメリット
  2. 自分が誰かを愛すること

「1にしかお得なことはない」と感じる人は、物欲が満たされれば幸せなのかどうか自問するのが近道でしょう。
他の方は、目を閉じて、じっくり比べてみてください。

誰かを愛するときの感情と何かしらのお得感を。

「そんなアホらしいことやってられるか」という反応が正常です。

  • 人を愛するときのあの感情
  • 特売でいつもよりお得に買物ができた喜び

それらを比較できる人がいたらお目にかかりたいものです。

最後に、タイトルの疑問に対する意外な答です。
愛するに決まっています」といいたいところですが、本当にいいたいのはこちらです。

「そもそも比べること自体が間違いだ」

詐欺に引っかかりやすい理由がおわかりいただけましたね。