よくいう「今しか存在しない」というのは誤りで本当は今が存在しない

今は一つだけど過去や未来はたくさんある

今が存在するかどうかを考えるには、過去と未来それぞれを正しくとらえておく必要があります。

よく、「この瞬間を今と呼ぶ」なんていいますが、これは明らかに誤りです。
なぜなら、そう呼んでいる間にも、この瞬間と指し示した時点は過去になってしまっているからです。
「い・ま」というたった二文字とはいえ、その間にも時間は経過しているのです。

光陰矢の如し

ということは、

現在とそれ以前
現在とこれから先

そんな区別に何の意味もないということです。
正しくは、あるときそれ以前のようにいうべきなのです。

普段過去と呼んでいるもの同士でも、前後関係があるわけですからね。
つまり、過去とはここからここまでという範囲を示すのではなく

ある時点より前のどこか一点を指し示している

のです。

過去や未来に範囲はない

漠然と今より前のできごとすべてを過去だととらえていると、とんでもない不都合があります。

原因と結果の整合性が失われてしまいます。
というより、因果関係自体が存在し得なくなってしまいますよね。

「すべて過去です」

のひと言でおしまいですから。

ですから、過去とはある一点同士の前後関係を指し示すものだと考えなければいけません。
「範囲がある」という考えは捨ててしまいましょう。
すると、過去というものの新しいとらえ方ができるようになります。

実は今は存在しない

「時間や時の流れなどない」という考え方により、すべては原因と結果を指し示すための便宜上のものということができます。
そのときのある時点より前を原因、あとを結果と呼んでいるに過ぎないのです。

「今、何かが起こっている」ですって?
それは大嘘。

今に幅がありますか?
刻々と過去を積み上げているだけです。
起こった瞬間、それはもう過去なんですから。

仮に、時間というものが存在するとしても、今に幅はありません。
今とは、単なる境界としての意味合いでしか存在できないものだったのです。

あれ?

という感じで終えてみましたが、いかがでしたか?
違和感を感じませんか?
何か抜けているような、もの足りないような。
ここで、こんなところまで読んでくださった意識レベルの高いあなたに、特別なメッセージがあります。
ふつうはワケわからなくてとっくに離脱していますからね(微笑)

実はこの記事、新コンテンツへの誘導でした。
これを読んだだけで理解できることのほうが不思議です。
具体例噛み砕いた説明といったものを全部取っ払ってみました。

なぜそんなことをする必要があるのか?
そのワケは2つあります。

  1. 実際にはとてつもない分量(およそ20倍)になるから
  2. 第4の宇宙の法則、極性の法則を活用するため

いきなり長いものを読んで興味を失うより、

短くてわかりづらいもののほうがずっと価値がある

のです。
そのあとに待っている本編のわかりやすさが何倍にも跳ね上がりますからね。

● 宇宙の法則が本当にはたらいていると感じられる
● 今すぐ人生を変えられる

そんな新コンテンツはこちらからどうぞ。