それって「面倒だから」というレベルのお話ではありません

angel-1402794_640

何の話かというと、ほとんどの人に当てはまるあるクセ(というか傾向とでもいいましょうか)についてのお話です。

よく、先日投稿したこちらの記事をご覧ください。

という感じで、記事の冒頭に以前に投稿した記事へのリンクを張ることが多いです。
今回は、その理由に関して興味深いことをお伝えしましょう。

その前にリンク先の記事に関して。

リアル感を出すために、いつも通りホンモノのリンクを用意しましたが、今回に限りさほど関連性はありません

ところが、内容的にはこの記事以上に重要…どころか、今回の記事を読んでいる時間がもったいないほどのものです。
まだの方は今すぐリンク先をご覧になるべきですが、自分に許可を出せる方以外は素直に従うことはできないでしょう。

自分が豊かになってかまわない

という許可を自分に出せる人以外は、このままダラダラつづきを読んでしまうのでしょうね。

コレぐらい猶予があればいいでしょうかね。
あとは自己責任です。

hand-710664

では、本題に入りましょう。

いきなり冒頭にリンクが張ってある場合、その先を参照する必要があるのか?

に対して答えるなら、

必要どころではありません。

  • そこを読まずして、何の意味があるの?
  • 読み終えて何のことかサッパリだったでしょう?

ということです。

僕の場合は、以前とまったく同じものを、長々とそこに表示させるのは気が引けるという理由で、リンクにしているだけですから。

これが以前に投稿した記事へのリンクを張る理由です。

参考程度だからだとか、よかったらどうぞとかいうレベルではなく、

重要だから用意している

のです。
なくてはお話にならないからということです。

つまり、僕の記事で、リンク先を読まずに本文を読み始めてしまうのは、

推理小説を最終章から読み始める

ようなものです。

謎解きだけ読んで、「なんだかよくわからない」などと勝手な評価をされても困りますが、読者の方々に強制などできませんからね。

事件のいきさつどころか、被害者が誰かも描かれていないことに、疑問を持たないことが不思議です。
もし、本だったら「落丁なのかな?」とか、何かしら気になるものでしょうにね。

「リンク先をご覧ください」といわれ面倒に感じたら、すぐさま次のことを思い浮かべてください。

サスペンスドラマを最後の断崖絶壁シーンから見始めて面白いのだろうか。

さあ、冒頭でお伝えした、あるクセ(傾向)が何なのかハッキリしたことでしょう。

そうです。

重要どころではなく、なければお話にならないリンクだというのに、ほとんどの人がクリックしません
つまり、読むだけムダという気の毒なことをしているのです。

まるで地雷か何かのように感じているのでしょうか。
少なくとも現時点で、クリックしたら爆発するPCやスマホは販売されてないようですが(笑)