自分の人生に責任を持つことができないのはまさかのこの人たちだった

business-woman-2137559_640

我が子の合唱コンクールでのお話です。

あらあら、ものすごく久しぶりのコラム記事なので、つかみが大事だなと気合を入れはしたのですが、この書き出しでは(笑)

まあ、馴染みの方には、「ああ、またやってるよ」と笑われているでしょうが、これがやめられないんですよね。
思わず、「なんで、そのタイトルでその書き出し?」というこの手法。

それはさておき、ご想像どおり優勝しただの上手だったのといった話ではありません。
確かにうちの子のクラスが優勝しましたが、そんなことはどうでもいいんです。
事前に学校から届いたこんな感じの通達がことの始まりでした。

当日は給食がありませんので、必ずお弁当を持たせてください。
会場付近のコンビニで買うことはできません。

その手紙を妻が声に出して読んだものだから、つい僕は大声を出してしまいましたよ。
「ゔぇーっ?」
文字では表せないような奇声だったのではないでしょうか。

hallimage

さて、何に驚いたと思います?

学校ではなく会場(写真参照)での開催なんだから、給食がないことは当たり前です。
ここで、給食だったら逆に驚きですよね。

別に、文面におかしな点もありません。

答は、

できません

この5文字です。

「ちょっと待ってよ。できませんってどういうことよ。この宇宙にできないことなんて存在しないんだよ」って職員室に怒鳴り込んでいったり、しませんでしたけどね(笑)

でも、それぐらい驚いて、というか呆れてしまいました。

教職者と呼ばれる人たちが無知なことについてではありません。
そんなことは承知のうえですから。
それよりももっと大事なお話です。

たしかに、通学時に現金を持たせると、いろいろとトラブルはあるでしょう。
でもね、「買えません」はないでしょう。
何ですか、この言い方は?

  • お店の人が売らないから?
  • 突然、空襲が始まり店が破壊されてしまうから?
  • ちょうどその日に、コンビニ強盗が押し入ることが予知できたから?

何があるっていうんですか、買えるに決まっています。
正しくは、

近くのコンビニで買うことを禁止します

とするべきなのです。

失くした、落とした、盗まれた。
子どもですから、いろいろとあるでしょう。
それは仕方がありません。

そういったやむなき理由があってのことです。
堂々と禁止しなくてどうするんですか。
うるさい保護者を警戒して、きつい表現は避けようとでもしているのでしょうか。

こんなことだから威厳がなくなり、良識に欠ける保護者をつけ上がらせるのです。

たまたま、この通達を書いた先生だけが、この程度の認識だったという言い逃れはできません。
なぜなら、学校が配布する文書はきちんと校閲されるということですから。
以前、妻がPTA絡みの文書を作成しただけでも、厄介な校閲が必要でした。

学校全体の見解として発行されているのですから、教育に携わる者全体の意識が問われてしかるべきです。

たかがその程度のことと考えて流してしまうこともできますが、「できません」という他人事のような表現は、単なる責任逃れ以上の問題です。
そういう表現をする者の、人生に対する意識の持ち方が問題視されるべきなのです。

いってみれば、

自分が禁止するということから逃れるために、「買えない」などというとんでもないホラを吹いている

わけですから。
まるで、どこかでそう決められているからとでも言わんばかりです。
こんな他人みなもとクラゲのような人生を生きている者が、教職についているというのが現状です。

「人生とは、十分に生きる価値があるものだ」ということを自分の生き方を通して子どもたちに伝えること

それが、教育者の使命ではないでしょうか。