いつも楽しみにしているブログにこんなタイトルの記事が投稿されたらどう思いますか?

そのタイトルとはこれです。

大事なことを忘れていました

そう聞いた人の反応は、普通

  • 「え? 重要な話みたいだな」
  • 「きちんと聞いておかないと」
  • 「いったい、どんなことだろう」

こんな感じでしょう。

ブックマークしてまで読みにいこうというブログですから、無理もないことかもしれません。

でもね、それ以前にもっと「大事なこと」があるじゃないですか。

それが何かの前に、考えてみてください。

大事なことって、そうそう忘れませんよね。
というより、どうがんばっても忘れられないはずです。
(そもそも、そういうもののことを「大事なこと」と呼ぶわけだし)

ということは、大事なことを忘れてしまうということは、かなり危険なことで、

まるで奇跡のようにあり得ないこと

ということになります。

なのに、なぜかそこに気づく人が少ないようです。

その理由がわかりますか?

「大事なこと」=「聞き逃してはいけない」

このような摺り込みをされていることが原因です。

大事なことなんていわれることにより、聞き手はまんまと注意を逸らされてしまうわけです。

本当に大事なあることから。

その人は大事なことを忘れてしまうような人だ

ということから。


注意

この記事は、過去に投稿した

大事なことは本当に大事なことを隠す
「大事なことを忘れていました」 と聞いたときの反応は、普通 「え? 重要な話みたいだな」 「きちんと聞いておかないと」 「いったい、どんなことだろう」 こん...

をリライトした

「大事なことを忘れていました」という他人のブログ記事のタイトルから気づいたもっと大事なこと
こんなタイトルの記事を見かけました。 「大事なことを忘れていました」 そう聞いた人の反応は、普通 「え? 重要な話みたいだな」 「きちんと聞いてお...

のリライト、つまり二度目のリライトです。

なぜ、二度もリライトする必要があったのか?
(二度目もリライトと呼ぶのかどうかは別として・・・)

  • 細かいところまで表現を見直したかったら
  • 多くの人が気づかない盲点を強調したいから
  • 元記事への内部リンクを増やしたいから
  • 忘れな草の画像を3回もアップしておけば、『そんな大事なことを忘れないでー』という意味合いでの画像チョイスだと気づいてもらえる、というねらいがあったから

はい、毎度おなじみのどれでもありませんパターンです。

まさかの正解は、

答を表示させる